第十四回 乳がん検診のすすめ

増加する乳がん!!!

乳がんは日本女性が最もかかることの多いがんで、最近は増加傾向にあり、16人に1人がかかる、と言われています。

40歳代と60歳前後にピークがあるのが特徴で、近年3040代の発症も多くなっており、特に遺伝性乳がんなど、若年発症例が問題になっています。

 

 

乳がん検診を受けましょう(すべての年代の方におすすめです)

皆さん、子宮がん検診とともに、ぜひぜひ乳がん検診を受けてください。

妊娠中や授乳期は、ホルモンの影響で乳腺が発達し、触診や自己検診では異常がわかりにくくなります。

ホルモン治療をされている方も同様の傾向があります。年齢が高い方も乳腺が固くなるため触診ではわかりにくいのです。

 

ぜひ、1年に1回、乳がん検診を受けましょう。

日頃から自己検診(裏面参照)をするよう心掛けるといいですね。入浴時あるいは入浴後などおススメですよ。

乳がん検診 は自費検査です。ご希望の方は、担当医あるいはスタッフにご相談ください。

 

 

自己検診(セルフチェック)は月1回生理後に!

月経前は乳房が張っているので、月経がはじまってから1週間~10日後に行うのが最適です。

 

 


PAGE
TOP