妊娠の成立と維持にも、このTh1/Th2バランスが働いています。

妊娠に適したバランスは、Th1細胞機能が低く、Th2細胞機能が高くなっています

流産や妊娠時の合併症をひきおこすのも、このTh1/Th2バランスが壊れ、どちらかに偏りが強くなることがきっかけとも考えられています。

Th1から分泌されるサイトカインは妊娠に有害に、Th2のサイトカインは妊娠をサポートすると考えられます。

 

 

さて、2015年12月アメリカのインディアナ大学のLorenz博士の研究チームは、排卵期だけでなく、月経周期を通じた性行為(性交)が、妊娠に有利に働く”、という内容の研究を2本発表しました。

 

研究①性交とTh1/Th2バランス・生殖ホルモンの関係

対象は、月経のある女性で、性交の活発な女性(週に1回以上)と不活発な(直近4か月間に全く性交がない)女性

測定時期は、月経周期(月経期、卵胞期、排卵期、黄体期)

Th1とTh2細胞から分泌されるサイトカイン量と、エストロゲン(E)とプロゲステロン(P)の女性ホルモン量を測定しました。 

 

結果:性交の活発な女性では、黄体期(排卵後の高温相の時期)のTh2サイトカインがTh1に比べて有意に優勢でした。また、黄体期のPとP/E比ともに高い結果でした。 

一方、不活発な女性では、黄体期のTh2サイトカインの優位性はみられませんでした。

 

研究② 性交と液性免疫である抗体(免疫グロブリン)IgAIgGの変動との関係

液性免疫の中心である、免疫グロブリンIgAとIgGも測定しました。

IgAは、体内の異物をとらえた後、すぐに起こる免疫反応の早い段階で出現する抗体で、粘膜組織内に存在し、“異物排除“の役割を担っています。

IgGは、IgAより遅れて血中に出現し、長期間にわたって体内に残る抗体です。

 

結果: IgAは性交の回数と関連し、回数が多い(特に週に3回以上)女性では排卵期に減少し、 性交が週に1回や全くなかった女性では排卵期に上昇しました。

IgGは、性交のあった女性では、少ない女性に比べ、排卵期に高くなっていました。

このLorenz博士のこれらの研究より、性交そのものが、Th1/Th2バランスや、女性ホルモン、免疫グロブリンを変化させ、妊娠に有利に変えると考えられます。

性交の活発な女性では、卵胞期に外的排除に働くTh1細胞とIgAが優勢になり、排卵期にはIgAが減少、IgGが上昇。黄体期になると妊娠をサポートするように働くTh2細胞とIgGが優勢になり、加えて黄体ホルモン(P)も上昇しました。

逆に、性交の少ない女性では、排卵期に異物攻撃の時に出現するIgAが上昇し、黄体期にTh2細胞優位がみられませんでした。このことは、性交の少ない女性ほど、排卵期に入ってくる精子に対してダメージを与える作用が強く、また排卵後の黄体期は、妊娠に有利な免疫状態ではない、ことを表しています。

 

結果として、排卵期以外の性行為(性交)は、異物である妊娠を受け入れるように免疫的に変化させ(免疫のトレードオフ)、これにより妊娠の可能性が高まる、ことを示しています。

このことは、自然妊娠だけでなく、人工授精や体外受精の治療周期でも同じことだと思います。

排卵期だけじゃなく、いつでも夫婦仲良く”の方が、妊娠への近道!になるということですね。

このたび、クリニックサイトをリニューアル致しました。様々なデバイスやインターフェースで見て頂けるようにサイトデザインを変更した次第です。

特にスマートフォンでの視聴が増えておりますので、その点にも留意致しました。

これからもできるだけわかりやすく見やすいサイトを心がけていきたいと思います。

診療時間 診察室
午前
9:30〜12:00
2F 診 秀子 担当医 秀子 秀子 田中 秀子
6F 診 田中   田中     田中
午後
1:00〜3:00
2F 診 秀子 担当医 秀子 田中 田中  
6F 診 田中   田中      

5:00〜7:00
2F 診 秀子 秀子 秀子 田中 秀子  
6F 診 田中       田中  

特別冊子 不妊治療・不妊専門 田村秀子婦人科医院

オンライン診療 不妊治療・不妊専門 田村秀子婦人科医院

のりこ通信 不妊治療・不妊専門 田村秀子婦人科医院

子宝ハリ外来(鍼治療、レーザー治療) 不妊治療・不妊専門 田村秀子婦人科医院


 


PAGE
TOP